葬儀について

 人はこの世に生をうけてから実に様々な人生を歩みそれぞれの人生儀礼を通過し、自然の摂理の中で死を迎えなければなりません。

 葬儀は人生の最終の人生儀礼であります。

 人間にとって死は悲しみの最たるものであり、葬儀は極めて厳粛なものでなくてはなりません。

 人がこの世を離れ御霊となり、残された遺族は種々の祭儀において御霊を安らけくお慰めする事により、後々まで家族の守護神として見守って下さるのです。当社におきましては、一連の葬儀を心をこめてお仕えし、「魂のゆくえ」を安寧にお導き申し上げます。

神葬祭は、次のような順序で行われます

 臨終のとき遺族や近親者が血縁の濃い順に末期の水をふくませます。そして御遺体をお清めし、死に化粧(男性は髭を剃り、女性は薄化粧をする)し、納棺用の衣装を着せて納棺して、通夜の準備をします。

◎通夜の儀
 (葬儀の前夜に行う)
遷霊祭 故人の御霊を霊璽(仏式の位牌)に遷す儀式
通夜祭 故人をしのび御霊を安らかに慰める儀式(遺族は側で故人をしのび、ひと夜御遺体を、お守りします)

◎告別の儀
 (お別れの儀式)
葬場祭 故人の略歴と徳をたたえ親族ご関係の皆様でこの世の別れをお告げし御霊をお慰めします。
発柩祭 火葬場に向かう前に出棺の旨故人に報告します。
火葬祭 かまどの前に棺を安置し火葬の前に最後の拝礼をします。

◎帰家祭 火葬場より帰宅し、一連の葬儀の終了とお清めのための儀式


霊前祭

 葬場祭の次の日から行う、故人の御霊を慰め清め鎮めるおまつりです。

 家族の手によって、仮御霊舎にお供え物をし、拝礼を毎日欠かさず行います。

 なかでも葬儀がすべて滞りなく終了したことを奉告する翌日祭、十日ごとの十日祭、二十日祭、三十祭、四十祭、五十祭は、神職を呼び祭詞を奏上していただき、丁寧に行います。

 そして、一般的には五十日祭をもって忌明け(葬儀に関わる諸儀の終了)とされ、神職に清祓をしていただき、それまで遠慮していた神棚のおまつりを再開します。
 できるだけ早めに納骨(墓前祭)を申し上げます。(五十日〜百日祭の間が理想)


合祀祭り

 五十日祭(地方によっては百日祭または一年祭)が終わった後、故人の御霊を祖先の霊と同様におまつりするために仮御霊舎から御霊舎に遷すおまつりです。

 故人の霊璽をオトクという白木造りの箱に収め、御霊舎に遷してからは、毎日のおまつりや年祭の他、年中行事、人生儀礼の折などに家の祖霊としておまつりします。


命日・年祭

 年祭には毎年の命日(帰幽当日)に行われる正辰祭と、三年、五年、十年、二十年、三十年、四十年、五十年の命日に行われる式年祭とがあり、故人の御霊を慰め、子孫の繁栄を祈ります。

 オトクの中から命日にあたる祖先の霊璽を取り出し、毎日のお供え物の他に、お酒や野菜、果物をはじめ、故人の好物などもお供えします。

 正辰祭は家族や近親者などを、また式年祭には故人と親しかった方なども招いて行います。

 尚、初盆には初盆祭を行い御霊をお慰め申し上げます。



お供え物

  神葬祭のお供え物は、一般的に米、酒、餅、魚、海菜、野菜、菓子、塩、水などの生饌と、調理された常饌です。

 また、毎日のおまつりは神棚のおまつりと同じようにお米(ごはん)、お塩、お水をお供えします。季節の物や、故人の好物があれば併せてお供えしましょう。

トップページへ戻ります トップページへ戻ります トップページへ戻ります